お肌のコンプレックス「ほくろ」とほくろ除去について知ろう

もう試した?ほくろ除去

ほくろとのタイプと治療法

女性

ほくろ除去は様々な前知識をもつことでより効果的で自身のほくろに適した除去方法を選択することができます。もちろん美容外科の担当医などとも密な連携をとることも重要ですがまずはほくろについて最低限の知識を身に着けておきましょう。

赤いほくろは別物だった?

相談

たまに相談される「赤いほくろ」とは一体何なのでしょうか?また一般的なほくろ除去のように取り除くことができるのかについてまとめています。その正体も含めて正しい知識を身につけましょう。

なんでほくろが増えるの?

医者

ほくろは年を重ねると多くなる傾向にあります。顔のほくろなど気になるものですここでほくろが増える理由や対策などをよく知っておくことでほくろ除去を頻繁に利用することを避けられます。本当に必要なときにほくろ除去の外科手術を利用しましょう。

ほくろの予防法ってなに?

女の人

先天性のものや後天性のものを含めてほくろができるのには理由があります。ほくろ除去などの治療法を検討する前に自分がどういった生活態度だったのかを振り返ってみましょう。思わぬところからほくろ増加の予防をする糸口が発見できるかもしれません。

治療費ってどのくらい?

鏡を見る人

ほくろ除去では様々な値段設定がされています。施術箇所の多さ、ほくろの治療範囲、母斑細胞の深度などいろいろケースに合わせた治療法があります。その治療法によって費用が左右されるので、施術を受ける前にそれらについて覚えておきましょう。

ほくろとシミに違いがある

ウーマン

お肌のコンプレックスでありがちな「シミ」と「ほくろ」は様々な人の悩みの種です。コンプレックス解消や実害の理由にほくろ除去を試みる人少なくありません。しかしそれらの明確な違いを説明できる人は意外と少ないのです。この二つの違いとはなんなのかを見てきましょう。シミとはUVなどの紫外線の刺激により生成されたメラニン色素が定着してしまったものが原因となります。本来のお肌の機能として代謝機能が正しく機能していれば排出されるこのメラニン色素ですが残ってしまった場合にはシミなどになってしまいトラブルのもとになるとされています。つまりシミを解消する場合は除去をするほくろとはアプローチが異なっています。いっぽうでほくろとはメラニン色素を作り出すメラノサイトという組織が部分的に増えたことでその箇所が目に見えるとされています。このようにどちらもメラニン色素によるものですが根本的な違いがあります。中でもほくろには青っぽく見えるものもありますがこれは皮膚の深部でメラノサイトが増殖している場合にみられます。皮膚を通して映るので本来の茶色は黒より青っぽく見えるのです。スキンケアや代謝向上などで改善できるシミとは違い、一度生成されてしまったほくろは化粧品やサプリメントでの除去は不可です。事情によりほくろを除去したい場合には美容外科で手術を受けるという手段があります。実際の美容外科クリニックのほくろ除去で扱うほくろのほとんどはコンプレックス解消などが理由の良性なものですが中には悪性のものもあるということを覚えておきましょう。悪性のほくろは医学的に「メラノーマ」「悪性腫瘍」と故障されていて様々な弊害を誘発するとされています。大まかな見分け方としては悪性だと時間が経過するにつれて次第に肥大化していきます。また発症する個所として足の裏が挙げられています。悪化すると除去にかかる負担が大きくなるため早期に発見してほくろ除去を受けるようにしましょう。ほくろ除去を受ける理由は様々ですが、こうした悪性腫瘍を除去するなど必要な外科手術である場合もあるので、自身は周囲が発症した場合を考慮して十分な解をしておくことをおすすめします。