お肌のコンプレックス「ほくろ」とほくろ除去について知ろう

ウーマン
  1. ホーム
  2. なんでほくろが増えるの?

なんでほくろが増えるの?

医者

いろいろあるほくろの中でも顔にあるほくろは幼少期からのコンプレックスになりがちなものです。人によってはチャームポイントになったりしますがほくろ除去を受ける患者の多さからみられるように、気にしている人が多いでしょう。この顔のほくろですが年齢とともに増えていきやすいものとされています。ではなぜほくろは増えていくのでしょうか?ほくろ除去などで直接的な解決方法を検討する前に今後ほくろを増やさないためのケアの方法などここで知っておきましょう。まずほくろには先天性と後天性があることも認識しておきましょう。生まれた時からあるもの、思春期ごろにあらわれるものを総じて先天性のほくろといいます。こちらのほくろはあらかじめ予防できるものではありませんのでコンプレックスを抱える人はほくろ除去などを試みましょう。一方で後天性のほくろはある程度ケアを心がけていれば予防することができます。
ほくろができるほとんどの原因は紫外線によるものです。紫外線から肌を守る機能としてメラノサイトが活発に働くことで、色の原因であるメラニン色素が発生してほくろになります。紫外線を浴びると人の体は運動をしていなくても疲労します。そのため肌の代謝能力が低下して本来排出されるはずのメラニン色素が肌に残り、ほくろとなってしまうのです。また紫外線以外のほくろの要因として、加齢はもちろんのこと過剰なストレス、生活の乱れ、女性の場合は出産などに起こるホルモンバランスの乱れも考えられます。過度なスキンケアによる強い刺激もかえってほくろの形成などに影響する可能性もあるのでほどほどにしましょう。女性ホルモンの分泌が多い場合はほくろが増える原因になるとも考えられていますが、それは細胞分裂が活発化したことによるものであるという見解があります。美容の面では肌が若々しくきれいになるというプラスの面もありますが、それだけに乳がんをはじめとしたがん細胞が活発になるリスクも抱えています。ほくろが増えることはそのような体のSOSを受け取るサインにもなります。ただほくろ除去を行うものとして切り捨てるのではなく、そういったサインではないかと考えるようにしましょう。体の細胞が活発な期間は腫瘍などの病巣の拡大も早いのでちょっとした体の変化には要注意です。